中国のカシュガルとパキスタンのグワーダルを結ぶ鉄道建設計画

中国の技術力、資金と膨大マンパワーをもって当たれば可能なのだろうか。
カシュガルからパキスタンの海港グワーダルまで至る大胆な鉄道敷設計画がある。
グワーダルの港湾は、中国の援助で大開発中。ここから中国の物資を中東湾岸方面に流すとともに、中国海軍が駐屯して、南アジアや湾岸方面でのプレゼンスを画策。
南アジア、つまりインドの周辺国において、中国の存在感が年々増している昨今だが、これもまたひとつの好例と言える。
(下記リンク先は昨年の記事)

New railway tracks planned under CPEC: report (DAWN)

This entry was posted in column, greater india, news & media, security, travel. Bookmark the permalink.