ダッカの高架鉄道建設 東急建設が受注

かつてはサイクルリクシャーの洪水となっていたバングラデシュのダッカの往来。その頃はエンジンの付いた乗り物といえば、市内バス、トラック、シェア乗りが主体のオートリクシャーくらいのものであったのは今や昔。世界有数の渋滞で知られるようになっている。
こうした状態は途上国のいずこの大都市も避けては通れない道だ。


Traffic Jam at Dhaka in Bangladesh (Youtube)

この解消策としてバイパスや立体交差の建設、車線の拡張などが実施されることになるのだが、同時に徒歩で移動する人たちの路上交通によらない運輸手段の整備が必要となってくる。それが地下鉄であったり高架鉄道であったりするわけだ。
さて、このほど東急建設がダッカのMRT(Mass Rapid Transit)としての高架鉄道建設を受注。総延長20kmに及び市内を南北に縦断する形で敷設されるのだとか。
工事が開始されると、完了時までは現在の渋滞に更に拍車がかかった状態になるかと思うが、2021年に予定されている全線開通以降は、今とはかなり違った様相となっていることを期待しよう。

東急建設、バングラで鉄道工事受注 日本企業で初(日本経済新聞)

ダッカ市に高速高架鉄道! 渋滞緩和へ向けて進む都市計画(JICA)

This entry was posted in column, economy, environment, greater india, life, society. Bookmark the permalink.