マジューリー島4

ガラムールのマーケット近くのサッカーグラウンドで、インド軍のアッサム連隊のサッカー部とマジューリー島のチームの対戦があるとのことを宿の人から聞いた。新聞にも出ていたそうだ。地元で例年開催されるサッカーのトーナメントの決勝戦であるとのことだ。

グラウンドに出向いてみると、すでにゲームは開始されていて、前半戦の中盤であった。入場料は10ルピー。沢山の人々が詰めかけていた。会場入口周辺は、駐輪されているバイクと自転車で一杯だ。会場警備はボランティアではなく、兵士たちが詰めていた。しかも持っているのは機関銃。いくらなんでも警備としては過剰過ぎる装備ではある。

インド東北部ではサッカーが盛んである。このようにして楽しんでいる姿を見るのは嬉しい。会場には貴賓席まであったから、地元政府のおエライさんとか、もしかすると地元政治家くらいは来ているかもしれない。優勝チームには立派なトロフィーが準備されている。

試合内容は正直なところまったく面白くなかった。正直なところ、このレベルであれば私が出場しても大活躍できる程度である。しかしここに詰めかけている人々を見物するのは楽しいし、サッカーが好きで人々が集まっているというのも嬉しい。

夕方になり宿に戻る。貧しいながらも落ち着いた感じで、争いごともあまりなさそうな島である。宿の人が「外国とか、インド国内でもテロがあったり、騒動があったりしているけど、どうしてそんなことになるのか、この田舎に暮らしていると想像もできない。いや、この州内でもいろいろあるんだけれども、ここにいる分にはまったく関係ないね。」と言う。金銭的には豊かでなくても、ここに暮らしている満足度は案外低くはないのかもしれない。安心感のありそうな島である。

〈完〉

 

This entry was posted in column, life, society, sports, travel. Bookmark the permalink.