インドのヴィザに関するルール変更近し

ここ数年間の間、かなり厳しいほうに振れていたインドのヴィザに関する施策だが、今度は反対に緩和の方向に大きく舵を切るようである。

India eases visa rules for 180 countries except Pakistan (Indian Express)

この措置については、観光目的のものに限るであろうことは言うまでもないが、ヴィザそのものの有効期間についての言及はなされていない。

インドにおける現行の「Visa on Arrival」」の措置にて、観光目的で訪印する11か国(日本・フィンランド・ルクセンブルグ・ニュージーランド・シンガポール・カンボジア・ベトナム・フィリピン・ラオス・ミャンマー・ インドネシア)の国籍を有する人たちについては、30日間の滞在が認められているが、対象となる国籍が単に180か国に増えるということなのかもしれない。

他のメディアの記事をいくつか閲覧してみると、事前にネットでヴィザ申請したうえで、到着した空港でそれが与えられるというシステムであるがゆえに、おそらく空路でメジャーな空港での入国の場合のみ、利用可能ということになるように思われる。

また、これまでの「Visa on Arrival」の制度においては、事前申請は不要であったため、日本国籍の入国者にとっては、「ひと手間増えてしまった」ということになるのかもしれない。

それでも、空港における現行の「Visa on Arrival」のシステムは決して能率的なものではないので、対象国が大幅に増えることにより、合理的な運営がなされるものであるとするならば、喜ばしいことであるのではないかと思う。

ただし、こうした措置を可能とする環境の整備には時間がかかるため、実際に施行されるまでには半年以上かかるようである。

This entry was posted in column, politics, travel. Bookmark the permalink.