GALAXY Cameraの使用感

前から見ると普通のデジカメだが・・・。

背面の様子はまるでスマートフォン

先日、コールカーターで購入したGALAXY Cameraの使用感について述べてみたいと思う。

コンパクトデジカメとしての性能や写りについては、正直なところ「並みである」といったところだ。35mm換算で、23mmから21倍という超高倍率な光学ズームが付いているが、正直なところ、そんな倍率は要らないので、もっと良質なレンズを搭載して欲しかった。できれば単焦点で、明るくて描写の良いものを積んでくれれば良かったのにと思う。

だがこれについては、SAMSUNGは本来のカメラメーカーではなく、家電メーカーであること、技術的なこだわりよりも、マーケティングを最優先とする営業第一主義の会社なので、過剰な期待してはいけないのだろう。まあ、それでも並みの写りではあるが、決して日本メーカーの大衆向けコンパクトデジカメに比較して、描写が劣るわけではない。

ただ、やはり韓国らしいテイストが明らかであるため、好みは人それぞれだろう。一言でいって、コントラストと色のメリハリがかなり強めであること。ちょうと韓流ドラマを観ていて、日本のそれと映像の具合、照明の当て方が異なることに気が付くのと同様に、デフォルトで撮影するとデジカメの画像の好みも韓国らしいテイストに仕上げてあることがわかる。これについてはカメラ自体の設定で調節することが可能だ。

カメラとしてどうもいただけない部分もある。スマートフォンから発展したカメラなので仕方ないということになるのかもしれないが、画面側が総ガラス張りであるため、グリップ感が非常に良くない。うっかりツルッと手を滑らせて落としてしまいそうな気がする。実用的なカメラとしては、この部分についてはしっかりと考えて欲しい。

取り付けることができるストラップは、ハンドストラップのみで、両吊りにして首からかけることができないのも残念。そんなわけで、私は底部の三脚穴に取り付けるストラップを使っているが、知らぬ間にネジが緩んでしまうことは珍しくないので気になるところだ。

両吊りできないので、やむなく三脚穴にネジ込むストラップを利用

カメラとしての性能や操作性はハイエンド機には遠く及ばず、大衆向けコンパクトデジカメと同等であるため、とりわけ最近はハイエンド機の低価格化が進む中、日本円にして四万円台前半から半ばくらいといった値段からすると、かなり割高感がある。

ただし、GALAXY Cameraならではの利点もまた多い。カメラとしての基本的性能に関わる部分としては、画面にタッチシャッター機能が採用されているため、強力な手振れ補正機能と合わせて、手持ちによるスローシャッターで撮影できる領域が広がっている。

また、このカメラの本領は通信機器としての優秀さにあると言い切って間違いない。マイクロSIMを挿入してネット環境を備えれば、撮影データをそのままウェブにアップして保存・共有することもできる。通話はできないものの、携帯電話としての通話機能がないことを除けば、Android搭載のスマートフォンとしての機能がすべて備わっている。テザリング機能により、これを介してPCその他の機器をネットに繋ぐこともできる。もちろんWifi環境のみで使用しても、ネット接続用のルーターを携帯することによって常時接続環境にあれば、利便性に遜色はない。

4.8インチの画面は、通常のスマートフォンと比較するとかなり大型のカテゴリーに入るため、ウェブサイト閲覧やメール送受信には申し分ないし、電子書籍リーダーとして使えないこともない。折りたたみのBluetoothキーボードを接続して簡単な文書作成等にも使うことが可能だ。かなり高性能なCPUを搭載しているようで、実にキビキビとした快適な操作性を実現している。

バッテリーはGalaxy SⅡと共通なので、ドコモショップに行けばいつでも手に入る。日本国内では並行輸入以外では未発売とはいえ、スペアバッテリーの入手に困ることはない。

カメラ、スマートフォンの通話以外の機能、電子書籍リーダー、文書作成とネット閲覧機器(パソコン)等をひとまとめにすることにより、日常はもちろん、旅行先での荷物も相当軽減することができる。ガイドブックだって、PDF版をこの中に放り込んておけばよい。

非常に魅力的なアイテムで、私自身はとても気に入っているのだが、それでもひとつ疑問に思うことがある。なぜ携帯電話機能が省略されているかということだ。あまり頻繁に通話するのならばちょっと面倒かもしれないが、マイク付きのヘッドセットを接続して通話するような仕様でもいいので、電話としての通話ができるようになっていれば、もっと良かったのにと思う。Skypeの利用は可能なので、発信することはできる。あるいはSkypeで固定電話や携帯電話から受信できるサービス、SkypeInを利用している方ならば、あまり不便は感じないかもしれない。

カメラとしての機能・性能については、ハイエンド機ではないため、多くを望まないが、カメラに付随している通信機器としての性能が良好なだけに、電話機能がないことは大変惜しまれる。

だが、それでもこれだけ多彩な機能が盛り込まれたカメラということで、indo.to推奨の「インドで大変重宝するカメラ」としてノミネートすることにいたしたい。

This entry was posted in camera, column, IT, life, travel. Bookmark the permalink.