Kanker Palace Heritage

宮殿敷地入口を警備する兵士の詰め所だったらしい。

木立の奥に宮殿がある。

規模は大きくないが見栄えのするアプローチを持っている。

旧カンケールの藩王国の宮殿に出掛けてみた。現在はホテルに転用しており1泊16000Rs。
(3食付き)という高い料金が提示されている。敷地内で別棟となっているKP Cottagesは1泊3900Rs。(食事なし)
王家の現在の当主はジャイさん。ここ以外にもジャグダルプル等に宿泊施設を持つツアーオペレーターであり、なかなか忙しいらしい。宿泊客は欧州からのグループによる利用が大半であるとのこと。
王家転じて実業家というのは、けっこうよくあるパターン。旧王家の人々は16000Rsの部屋がある館で今も暮らしている。。

いかにも昔の王家といった趣味

手前は現在の王家の「当主」

「宮殿」に期待されるようなムードは持っている。

敷地内別棟の「K.P. Cottages」

Kanker Palace Heritage

KP Cottages

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>