ムンバイのマズガオン地区にある中国寺院

ムンバイCST駅から出ている郊外電車に乗り、Dockyard Road駅で下車して徒歩5分程度のところにある。
建物に入ったところにあるドアをノックしたら出てきたのはここで間借りしているインド人男性たち。ここで何か質問しても彼らは何もわからないので、階段で上階へ行こう。
大声で呼ぶと、ここの世話人をしている老夫婦のどちらかが出てきてくれる。簡単に自己紹介して、寺院を拝観したい旨伝えると、もうひとつ上の階にある寺院の扉のカギを貸してくれる。
老夫婦どちらも流暢なヒンディーを話すが、おそらく英語も多少できることだろう。彼らによると、今ではムンバイ在住の華人はとても少なくなっているが、かつて小さな中華街があったカマーティプラーあたりにいくばくかのインド華人たちが暮らしているとのことだ。











This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.