ムンバイのアールデコ建築







カルカッタ同様、重厚な植民地建築以外にも愉快なアールデコが楽しめるのも良い。フォート、コラバ地区からチャーチゲート界隈を経てマリーンドライブに至るエリアに多く見ることができる。
マリーンドライブ沿いには、アールデコ建築に入っているホテルもいくつかある。
そうした中のひとつ、Krishna Mahalという建物の上層部にBentley Hotelという中級宿泊施設がある。内装はすっかり今風の感じに仕上げてある。そのため室内ではアールデコ建築のムードを楽しむことはできないものの、アラビア海に面した部屋を取れば、夕刻には素晴らしい眺めを満喫できることだろう。
オフシーズンには宿泊予約サイトでけっこう安い料金で出ているかもしれない。
ムンバイのアールデコ建築については、いくつか解説書が出ているが、入手しやすいところでは以下の書籍をお勧めしたい。

書名:Bombay Art Deco Architecture
著者:Navin Ramani
出版社:Lustre
ISBN-10: 8174364471
ISBN-13: 978-8174364470

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>