ムンバイのビンディー・バーザール界隈

ビンディー・バーザール界隈

ムスリムは社会党の票田

このありたはムスリム地区だけあって、バッジやウムラーなどのイスラーム巡礼を取り扱う旅行代理店が多い。

イスラームの巡礼関係を中心に扱う旅行代理店が多い。

ミナーラー・マスジッドの外側にはテナントとしてお菓子屋が入っている。売られている甘いものはどれも美味しそうだ。このモスクの中には聖者廟もあった。

ミナーラー・マスジッド

洋風の意匠をふんだんに取り入れた絢爛たる建築

ミナーラー・マスジッド内部

ミナーラー・マスジッドにはダルガーも入っている。

マスジッド外側にはテナントとして菓子屋が入居している。

ドングリー地区に近いこの界隈は、赤線地帯のすぐ近くのバイクラー地区と並んで、インド国内や周辺国で暗躍するムンバイヤクザの大物たちの故郷。

ダヴード・イブラーヒムやチョーター・シャキール等の巨頭もこのあたりで育っている。近い将来の「ドン」もやはりこのあたりから出るのだろうか?フセイン・ザイディによるノンフィクションのムンバイヤクザストーリーを愛読する私にとって、ひとつの聖地である。

界隈にはなかなか有名な食事処もある。

ビンディー・バーザール地区の一角にはシーア派イラン系の人が多い地域もある。イラーニー・マスジッド(またの名をムガル・マスジッド)があるあたりがそうだ。

青タイル細工が美しいイラーニー・マスジッド

イラーニーを名乗る店

朝食

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.