地域色

本日利用のバスは、隣州ハリヤーナーの公営バス会社、ハリヤーナーロードウェイズの便。ハリヤーナー州のスィルサーからラージャスターン州のシェカワティ地方を経てジャイプルまでの間を往復している。

私が乗ったのは、ジャイプルからスィルサーへと向かうところである。いわゆる「インターステート」で往来しているバスだが、地域色が感じられるのがいい。

運転手、車掌ともにパンジャービー(ハリヤーナー州にはパンジャービー住民も多い)のようで、彼らふたりの間では、私には関西弁みたいに響くパンジャービーで言葉が交わされる。

車内にはリズミカルなバングラーのナンバーがかかり、車窓のラージャスターンの半砂漠の景色と異なる聴覚空間が演出されているのが面白い。

ハリヤーナー・ロードウェイズのバス

ハリヤーナー州スィルサーとラージャスターン州ジャイプルの間を結ぶインターステート・バス

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.