「Ambassador」ブランドがプジョー・シトロエン傘下に

今ごろになって気が付いたのだが、ヒンドゥスターン・モータースの「アンバッサダー」ブランドが、今年2月にプジョー・シトロエンに売却されていた。人口大国インドでの販売を意図してのことであろうことは言うまでもない。
モーリス・オッスクフォードⅢをベースに、1957年から2014まで製造されていて、英国本国では1959年に製造終了となってからも、インドで「新車で買えるオックスフォードⅢ」(途中、いくつもマイナーチェンジが入っているので、正確にはオックスフォードⅢではないが)であった。英→印→仏と国籍を変遷・・・といっても、まさか今の時代にオックスフォードⅢを復刻するなんてことはないと思うので、いったいどんなモデルをインド市場に投入するのか楽しみなところである。

Hindustan Motors sells iconic Ambassador brand to Peugeot-Citroën (AUTOCAR INDIA)

This entry was posted in column, economy, life, society. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>