パナジーへ1

起床は午前6時。宿の支払いは前夜に済ませておいたので、ササッと身支度をして外に出る。

バススタンドは、赤色のマハーラーシュトラ州営公社のバスで一杯だが、パナジー行きの車両は、ゴア州の公社が運営する白と緑に塗り分けられた車両であるとのこと。パナジーまでは8時間程度とのことだ。

赤いバスは、ご当地マハーラーシュトラ州営公社のバス

7時半になる少し前にそのバスはやってきた。押し合いへし合いしながら乗車して席を確保したと思いきや、スマホ画面を見せて「予約席だ」と言い張る者が何人もいる。州営の簡素なバスだが、スマホのアプリで事前予約出来るらしく、車掌がくるとそれを見せており、座席に陣取っている人を立ち退かせているので、ホントの話らしい。

こちらがゴア州営公社のバス

インドの旅行予約サイトで、バスのブッキングも出来るようになっているが、ネット予約できるのは、エアコン付きでラグジュアリーなプライベートのバスだけと思っていたので、これはちょっと意外だった。そうと知っていれば、今朝出がけにでも予約しておいたものを!

結局、立ち席となる。

コールハープルを出てから3時間少々、幸いなことに近くの席の人が降りるので、そこに座ることが出来て、車窓からの眺めを楽しむ気持ちの余裕が出来た。公営バスだが、シートは2×2で、リクライニングも付いているので、それなりに楽である。

立っていると揺れて疲れる車内も、座席があると別世界。

こんなバスでも2×2でリクライニングがあると、とても楽だ。

「あ~、良かったぁ!」と思ったのだが・・・。

This entry was posted in column, IT, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>