マジヌーカーティーラーで夕食

マジヌーカーティーラーでマジヌーカーティーラーのチベット人居住区の食堂にて夕食。シャプタとテントゥクを注文した。
宿泊施設に事欠かず、食事も楽しいのでデリーでの投宿先としては有力候補なのだが、私自身がなかなか泊まることがないのには理由がある。
非常に建て込んでいるため、路地がとても細く、ひとりがやって通ることができるような奥まった通路の先に素敵なレストランがあったり、お得なホテルがあったりする。
ここは他のエリアにも増して野犬がやたらと多い。昼間や宵の口の時間帯は特に問題ないのだが、犬が嫌いな私としては、夜出歩いて、辺りがすっかり寝静まった中、こうした犬たちの群れと対峙するのが嫌なので、それを思ってついつい敬遠してしまうのだ。

チベット人地区の「メインストリート」はこんな具合

美味なるシャプタ

具沢山でうれしいテントゥク

用事は済んだのでメトロ駅「ヴィダーン・サバー」へサイクルリクシャーで向かう。

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, security, society, travel. Bookmark the permalink.