HUAWEI MediaPad M2 8.0

HUAWEI MediaPad M2 8.0

スマホもHUAWEI社製品を使用しているが、数カ月前に同社の8インチのタブレット「MediaPad M2 8.0」を購入してみた。

スマホの画面サイズでは、長時間電子書籍を読んだり、テレビ番組を視聴するにはちょっと辛い。様々なサイズの画面で最適な読書環境を提供してくれるアマゾンのKindle版書籍はともかく、いわゆる「自炊」で作ったPDF書籍となると、やはり大きな画面が必要だ。また、Bluetoothのキーボードで文章を入力したりする際に、ポケットサイズの画面では楽ではないことなども合わせて、タブレットPCが必要となった。

同時に、「音声」の関係もある。ネット放送されている番組を自室で視聴する際に、スマホのスピーカーでは充分なボリュームが出なかったり、音が割れたりするということもある。音楽を楽しんだりする際も同様だ。タブレットの上下にひとつずつスピーカーが付いており、ごく普通にテレビとして使うことが出来る。

画面サイズについては、自宅内で使うことのみが目的であれば、10インチくらいあるといいのだが、外に持ち出して使う目的もあるので、8インチを選択。

また、ヘッドセットを使用しなくても、通話が出来るモデルとなると、選択肢は狭まってくる。もっともタブレットの場合、スピーカー音量を思い切り下げないと、周囲に丸聞こえとなるので、携帯電話的な使い方はあまり実用的ではないし、8インチの画面で通話するのはあまり楽ではないとはいえ、そういうことも可能であれば、旅行の際には少しでも荷物の寮を減らしたいのでありがたい。

もちろん、操作にストレスを感じるようでは困るので、プロセッサーはオクタコアを搭載しているものが欲しいし、外出中に電池切れとなってしまうと困るので、内蔵バッテリーも5,000 mAh近くあって欲しい。あまり使わなければ、充電しなくても2日半近くは持つような・・・。

そんな具合で、最終的に選んだのが、このモデルのSIMフリー版である。昨年9月に発売された製品だが、現在は3万5千円から4万円強くらいの価格で販売されている。

これ1台で、スマホ、日記等を記録するノートパソコン、ガイドブック等を収めた電子書籍リーダー、各種データストレージを兼ねることが出来る。背面はしっかりしたメタルボディで、薄型ながらも堅牢感があり安心だ。

HUAWEIは、このところ急成長している中国企業だが、従前の中国製品のイメージとは大きく異なり、「高性能・高品位な製品を比較的手頃な価格で提供」するメーカー。

日本では、東京で今年4月にカスタマーサービスセンターをオープンさせており、実は初期不良で一度お世話になったことがあるのだが、製品を持ち込むと、その場で修理してくれるというスピード感が素晴らしい。

IT製品は秒進分歩で、次から次へと魅力的な商品が市場に投下されているが、現時点で「インド旅行に必携アイテム」のひとつとして、このMediaPad M2 8.0を挙げたいと思う。

This entry was posted in column, IT, life, music, news & media, society, travel. Bookmark the permalink.