シェーカーワティー地方へ5〈マンダーワーの風景〉

規模は小さくてもなかなか凝った装飾

マンダーワーに限ったことではないのだが、シェーカーワティー地方のどこに行っても特徴的な風景はいくつもある。規模は様々ながらも、どれも華麗なハヴェーリー。中庭を中心に「ロ」の字型のプランを持つのが基本だが、ときにその枠にはまらない独創的な姿の屋敷も見かけることがある。

門の上に乗っかる形になっているハヴェーリー

こちらはその背面

かなり複雑な構造のハヴェーリー


大きなハヴェーリーが建ち並ぶ地域は道路が広く取ってあり、徒歩ですぐに抜けられてしまうほどの規模の小さな町にしては、やけにきちんと区画されている印象を受ける。

富を築いた豪商たちが地域の社会貢献のためにいくつもの井戸を造ったが、遠くからでもそれとわかる2本ないしは4本のミナレット状の塔が建ち、この地域以外では見かけることはない。

こちらは井戸

もちろん寺院も小さな田舎町には似つかぬ大規模なものが多いとともに、ハヴェーリー同様に非常に派手に飾り立てられており、参拝するのはとても楽しい。

こちらは寺院

寺院内

寺院から眺めた外の風景

〈続く〉

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.