Namaste Bollywood #36

先日発行されたナマステ・ボリウッド誌の第36号、特集記事はホラー映画。Kaun (1999)、Bhoot (2003)といったボリウッドにおけるホラー作品の先駆けから、こうしたカテゴリーの作品が定着したゼロ年代、そしてこれがさらにヒートアップしている2010年代という流れを踏まえると、制作される映画のタイプが変化していく背景には、作品の受け手である観衆側の変化があることも当然ながら見えてくる。

これは近年のインドの実社会で起きる凄惨な事件の増加と歩調を合わせているかのようでもあり、映画というものは世相を如実に反映するものだと改めて感じ入る次第。過激な描写への許容度が広がっていくことについては、それらを好んで観る層の人々の感性が鈍化することによって、より強い刺激を求めるようになっているという部分もあるので、ちょっと危ういものを感じずにはいられない。

さて、特集記事以外にもOm Shanti Om (2007)の日本公開にあたって来日したファラー・カーン監督へのインタビュー記事、ボリウッドのスターたちが出演したマラーティー語映画のDVD紹介、インド舞踊家の佐藤雅子さんによる「カタックを語る」や早稲田大学の高橋先生による「ボリ映画とインド古典の秘かな愉しみ」など、ボリウッドファンにとっては見逃せない記事が満載だ。

ところで、同誌のウェブサイトに嬉しいニュースが掲載されている。

3 Idiots(2009)#136「きっと、うまくいく」7/12まで続映決定!(Namaste Bollywood)

日本のメディア等における反響から、この作品の質の高さが正当に評価されているのもまた喜ばしい限りだ。

Namaste Bollywood #36

_

This entry was posted in cinema, column, life, reading, society. Bookmark the permalink.