闇SIM

是が非でも、この日にSIMを入手して携帯電話とインターネットを開通させる必要があった。あいにく日曜日で、携帯電話会社のオフィスは休みのため、同日に利用できるようにすることはできなくて困った。「明日来ればすぐに使えるようになるよ」とは、どこの店でも言うのだが、あいにくそうはいかない都合がある。

翌日は、コールカーターから別のところに移動するため、道中でSIM入手するのは無理で、翌々日もフルに用事が入っているため、3日間携帯とネト環境が手元にないのは困る。旅行に出かけるときくらいは、こうしたモノから開放されてしかるべきとは思うものの、まさにそういうときだからこそ、いつもに増してそれらが必要になるというシガラミがあるのは少々辛いところ。

ある店で「レディーメイドのSIMならある」と言われた。その分、SIM自体の値段について、通常の5割増くらいを要求しているが、急いでいるこちらが足元を見られてしまうのはいたしかたない。「誰の名前で作ってあるんだい?」と尋ねると、「バーングラーデーシュ人の名前」とのこと。バーングラーデーシュへの通話が安いパッケージプランであるとのことで、同国から来た人たちの利用が多いらしい。う~ん、闇SIMかぁ・・・。

SIMはプラスチック版から切り離されてもおらず未使用であった。どこかで落ちていたSIMを拾ってきたとか、インドを出国するバーングラーデーシュ人から買い取ったというわけではなさそうだ。どういう経緯かよくわからないが、プリペイドの回線契約はしたものの、本人がそれを受け取ることなく宙ぶらりんになっているSIMであることは判った。

インドでプリペイドのSIM契約をすると、ときに本人確認の電話が来ることがある。ときには、購入してからわずか数日後にかかってくることもあり、そこでうまく応対できないと回線が遮断されることになる。これについては、そういう事態が生じたら、SIMを買い直すことになる。また、他の誰かの名前で購入されたSIMを使っていることにより、何か問題が生じることがないかという不安も少々ある。もしその人が犯罪者だったら、テロリストだったら・・・などという懸念がないとは言えないのだが、今の私にとって、とりあえず携帯とネット環境が手元にないと非常に困るので、これを購入することにした。

現在、私が使っているタブレット型スマートフォンは、マイクロSIMなので、通常サイズのSIMを店の人がカットする際に失敗することはないかと気になったが、専用の切り抜き器があるので心配無用であった。

SIMカッター

切り抜いて、一回り小さくなったSIMを挿入して、スマートフォンを再起動して、店の人の番号に発信して動作確認も完了。とりあえず通話環境は手に入れた。ネットの設定に少々手こずったものの、こちらも間もなく無事に仕上がった。ウェブメール、FacebookにMap等々、普段の生活インフラがごく普通に使えるようになった。通話分とネット接続分とを店頭でチャージして準備万端。

プライベートや仕事関係等の事から、メール送受信環境を持つのが不可欠なのだが、Map機能も大変重宝する。国道を移動中に、自分がどのあたりにいて、目的地までどのくらい時間がかかるのか見当が付くし、市内でもタクシーやオートを利用する際にもおおよその距離が判るだけでなく、道に不案内な運転手に対しては、「××アヴェニューと××ストリートの交差点から東に150mくらい行ったところにある××ロードまで」と伝えるために、前もって学習しておくことができる。そうでなくても、街中でしばしば自分がどこにいるのかMap上で確認することにより、容易に土地勘を養うことができるようにもなる。

普段の生活で、スマートフォンが便利であるのと同様に、旅行先でもこれを使い倒さない手はない。

This entry was posted in column, IT, life, society, travel. Bookmark the permalink.