FRANKEN WATCH

「フランケン・ウォッチ」なる聞き慣れない言葉を耳にしたのは、先日デリーの時計店でのことである。その数日前に私が他の店で購入した時計を見た時計店主が言う。
「面白いデザインだが、フランケン・ウオッチだね。」

彼が言うにはこういうことだった。
「HMTはかつてインドのマーケットシェアの大半を占めていたので、あちこちにパーツの在庫がたくさんあった。出回っているモデルの大半が共通の規格で造られていたので、これらをアセンブルしたうえで、オリジナルとは異なる文字盤を作成して売ることは容易だ。時計メーカーHMTがなくなった今でもそういう在庫はあるところにはある。もちろん、中古時計、破損した時計から利用できるパーツを取り出すこともある。」

もともと高価な時計ではないため、ボディーやムーブメントもHMT社製であることがほとんどだが、出荷されたときと同じ状態ではない、オリジナルのラインナップにはなかった変造版がけっこう出回っており、外観は新しくても中身はポンコツのムーブメントということもあるとのこと。

ちなみに「フランケン・ウオッチ」という言葉は、腕時計コレクターの間では、ごく普通に使われているもので、クラシック時計の変造品や偽物のことを指すそうだ。
先日、HMTマニア(インドにはそういう人たちがいるのだ)たちのフォーラムに、この写真を上げてみたら、やはり「これはフランケンである」という回答が出てきた。
残念な回答ではあったが、コレクターではない私自身は、オリジナルにこだわる必要はなく、デザインさえ気に入ればオリジナルだろうが、フランケンだろうがどちらでも良いのだ、と思い直すことにした。

・・・とはいえ、自宅に十数個あるHMT時計を改めてみると、もう30年前に購入したもの、20年くらいになるものなどは、今でも正確に時を刻む。1週間、半月経ってもズレはなかったりする。設計は古くてもさすが日本のシチズンのインドにおけるライセンス生産品だ。

それに較べると5月にいくつか購入した「HMT Pilotブランドの」「フランケン・ウォッチ」らしきものは、精度がいまひとつだ。やはりアセンブルや調整いかんで、こういうものはズレが生じるのかもしれない。
リンク先の動画の内容に従えばオリジナルと判断できる30年来の時計は大変正確なので、やはり往年のHMTというのは、なかなか偉大な時計メーカーであったようだ。

Original vs Franken HMT Pilot watch(Youtube)

※「スーラト3」は後日掲載します。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>