ありがたい宿

チャッティースガル州都ラーイプルからバスタル地方のジャグダルプルまでの道のりの中間点にあるカーンケールという町のバススタンドに着いた。

その正面に「カーンケール・シティセンター」という商業ビルがあり、そこのセカンドフロアー(日本式に言えば3階)にホテル・アーナンダムという宿が入っている。1泊あたり760Rsという料金に似つかわしくないバリューのある部屋だと感じた。

ホテルに併設されているレストランがやけに立派で、出される料理も田舎町とは思えないほどちゃんとしている。いずれもとても美味しかった。

さらに嬉しいことにホテルのひとつ上のフロアーには、映画館が入っていることだ。日中散々歩き回ってからレイトショーを見に行く。日中の行動時間が映画で削られてしまうのは困るのだが、さりとて映画は観たい。だから最も遅い時間に出かけるのが好ましい。

それでいて、帰りの足や野犬を気にすることなく、階段でひとつ下の階に下りれば、自分の寝床があるのだ。これは素晴らしい。

This entry was posted in cinema, column, food & drink, life, society, travel. Bookmark the permalink.