ラーイプル駅周辺の安飯屋

ラーイプル駅周辺の人通りの多いエリアには食堂が多く、ターリー100Rs, 80Rs, 50Rsというような段階別の価格設定をしている店の他に、50Rsと表示しているところも目に付く。
中には、ご飯、ダール、サブズィーで20Rsの店があるいっぽう、なんと10Rsの店もある。
このあたりになると、ご飯の中にところどころ小石が入っていて、うっかり強く噛んだら歯が欠けるような感じだろう。こういう店は、「食事はゆっくり咀嚼していただくのもの」という教訓を与えてくれる。

ターリーの内容によって、100Rs, 80Rs, 50Rsの3種類が用意されている店

エコノミーなターリーとしては、50Rsという設定が多く目につく。

こちらも同様に50Rs

こちら「ご飯、ダール、サブズィー(野菜もの)を20Rsでご用意させていただきます」とのこと。

「腹いっぱいのダールバート10Rs」とのこと。文字通りダールとご飯だけなのか、サブズィーもの)は付いているのかは不明。

This entry was posted in column, economy, food & drink, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>