案外華やかなラーイプル

パトナが4割くらいのサイズになった貧しい街(人口比ではだいたいその程度)なのだろうと想像していたラーイプルだが、中心地域はかなり華やかだ。

ミドルクラスが出入りするようなスポットがけっこう多く、ファッション関係の店が集まるエリアが広大で、しかも店の構えも大きく立派だったりする。

意外なまでに都会的な装いの人たちが多く、子持ち世帯の父親や母親たちにもファッショナブルな人たちが少なくなく、経済的なゆとりを感じさせてくれたりもする。意外なまでに景気の良さを感じさせてくれる州都である。

天幕を張った食事処

こういう感じのレストランもけっこう多い。

構えの大きな店が多い。

テキスタイル関係の店が集中するエリアにて。卸売りを主とする業者も多いようだ。

This entry was posted in column, economy, food & drink, life, society, travel. Bookmark the permalink.