ラーイプルの「マリーン・ドライブ」

ラーイプルのバススタンドから国道53号線沿いに少し進んだ先にテーリーバンダー・タラーブ(Telibandha Talab)という大きな池がある。そのあたりにモールや洒落たレストランなどがあるのだが、このあたりは「マリーン・ドライブ」と呼ばれている。

もちろんムンバイーのマリーン・ドライブにあやかって、そう俗称されているのだが、確かに市の東側から入ってくると、左手に水面が広がり、左側に緩やかに弧を描くようなカーブが続いている様子、そこにしつらえられた歩道などから、確かにそういうムードが感じられる。いかにもデートスポットといった感じだ。
ときどき、ここでチャッティースガリー映画の撮影が行われるのだという。

ラーイプルを訪問されることがあったら、ぜひここで夕暮れ時を満喫していただきたい。

ラーイプルの「マリーン・ドライブ」

「マリーン・ドライブ」はデートスポット

This entry was posted in column, life, society, travel. Bookmark the permalink.