LAAL LAKEER (赤い線)

LAAL LAKEER

小説「赤い線」(「赤線」ではない)
チヤッティースガル州バスタル地方に引かれた目に見えない「赤い線」。
マオイストの影響下にある「赤い線」の向こう側、「人民政府」が力を振るう地域とこちら側つまり州政府が警察力で抑え込むエリア。
どちらも先住民たちが暮らす寒村が点在する地域だが、「赤い線」のこちら側では、マオイストの掃討のためという名目で家を焼かれ村を追われる。これに抗うと「マオイスト」であるとして投獄される。
さりとて「赤い線」の向こう側では、「警察のイヌ」との疑いをかけられた者はマオイストたちへの怖れから、弁護する者のない「人民法廷」で一方的に裁かれなぶり殺しにされる。
相容れないふたつの支配勢力がせめぎ合う狭間での人間模様。
「世界最大の民主主義国家インド」における盲点は、民主主義の根幹である「数は力」。「多様性の国」とはいえ、あらゆる側面においてマジョリティと利益を共有する部分のない(あるいはそれがとても少ない)マイノリティは、自らの権利を主張することは、「反社会的」であるとみなされる危険を伴う。バスタル地方だけではなく、カシミールしかり、北東地域しかり、である。
長年、バスタル地方を取材してきたインドのジャーナリストによる「小説」。現地の事実関係に精通した著者によるものだけに、非常に重みのある作品だ。
アマゾンでKindle版を購入した際、「ヒンディー語版」と記載されていた。おそらくオリジナルは英語で書かれているのではなかろうか。
限りなくドキュメンタリーに近い力作である。
著者のフリダイェーシュ・ジョーシー。ジャーナリストとしても、小説家としても、今後注目していきたい人物だ。

書名:Laal Lakeer (Hindi Edition) Kindle版
著者:Hridayesh Joshi
出版社:Harper Hind
ASIN:B01AI732W2

This entry was posted in column, heritage, life, politics, security, society. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>