バルサラー=ワルサード

ワルサードに到着


1991年亡くなったクイーンのヴォーカリスト、フレディー・マーキュリー。タンザニアのザンジバルにて、インド出身のゾロアスター教徒の両親のもとに生まれた彼の元々の名前は「ファルーク・バルサラー」だが、この「バルサラー」はインドのグジャラートにある町の名前。現在の「ワルサード」の旧名だ。
先祖が定住した土地の名前がそのまま苗字となっており、比較的よるある姓といえる。そんな土地なので、きっとパールスィーの人たちの姿は少なくないだろうと予想できるが、調べてみるとこの町にはゾロアスター教寺院がふたつもあるとのことなので、間違いないことが確信できた。

ゾロアスター教寺院


町にもうひとつあるゾロアスター教寺院


町では、たまたま知り合ったパールスィーの方のお宅にお邪魔させていただき話を伺うことができた。
ゾロアスター教寺院では信者以外が入場することができないし、取り立てて見どころはないワルサードではあるが、落ち着いた町並みと趣のある家屋を目にするのはなかなか楽しい。

なかなか趣のある家屋が多い。




パールスィーの女性たちもランゴーリーを描く。


パールスィーはさておき、グジャラート州に限ったことではないのだが、それぞれの家屋になんとかバワンとかかんとかクリパーとかいった屋号が付いていることが多いのが面白い。優雅な感じがして良い。

「チャームンダー・バワン」とある。


「ガーヤトリー・クリパー」と記されている。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>