朝令暮改

11月27日発行分から、基本的にシングルエントリーのみでの発行となっていたインドの観光ヴィザ。突然の変更は世間を騒がせて(インド訪問リピーターたちの間で)いたが、そのわずか3日後の11月30日発行分からは、再びマルチプルエントリーでの発行に戻ったとのこと。
この3日間にヴィザを取った人で、マルチプルでないと困るケース(インドからネパールに出てインドに戻るなど)であった場合、「魔の3日間」であったということになる。
このヴィザでインドでのアテンド(観光や業務視察など)の仕事をしている人たちにとっては、まさに死活問題となるだろう。
何の前触れもなく、突然シングルエントリーのみの発行となり、その数日後に元通りマルチプルエントリーでの発行となっているのだから、突発的な災害に遭ったと思うしかない。
ただ興味深いのは、11月27日の変更と再び11月30日の再度の変更の背景には、いったいどういう判断とそこに至るまでのプロセスがあったのかということだ。そのあたりがオモテに出てくることは決してないのだが。

参考までにヴィザ申請代行業者のウェブサイトの一部。さすがに仕事なので情報は早い。

This entry was posted in column, disaster, life, society, travel. Bookmark the permalink.