水冷クーラー

懐かしの水冷クーラーは、まだ新品で購入することができる。
ボックス内の壁面部には、水で湿らせるワラ状のフィルターが入っており、強力なファンで送風することによる気化熱により、冷えた空気を送り出すというもの。
暑く乾燥している時期にはそれなりに効くとともに、心地よい潤いをもたらしてくれるため気持ちが良い。
しかしながらモンスーンが到来して、ベタベタと多湿で蒸し暑い時期に入ると、ただの扇風機と変わらなくなってしまう。
ファンの音は物凄く騒々しいし、やはり通常のエアコンを購入することができない層のための代用品なのである。

水冷クーラー

内部壁面にワラ状のフィルターが見える。

This entry was posted in column, heritage, life, society. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>