ハニーゲストハウス

ニューデリー駅前のパハールガンジ地区にある、昔のバックパッカーには懐かしのハニーゲストハウス、改めウプハールゲストハウス。どういう経緯か知らないが、長らく日本人宿として知られていた。フロントにいたマネージャー氏、愛想の良いチョビ髭のアッサム人男性のことを覚えている人は少なくないだろう。

現在はラーマンパレスと名前が変わっている。フロントの若い男によると、当時から同じマネジメントによるものとのこと。相変わらずのボロさ加減だが、現在ここに泊まる外国人はいないようだ。

再び投宿したみたいとはまったく思わないが、昔はよく出入りしていた宿なので、出入口から眺めていると、当時のことがあれやこれやと思いだされる。

This entry was posted in column, heritage, travel. Bookmark the permalink.