名古屋市内のチベット仏教寺院 強巴林

名古屋市内にチベット仏教のお寺があることは、だいぶ前から聞いてはいたものの、訪れる機会がなく、そのままになっていた。

正月にたまたま名古屋を訪れる機会があったので、初詣はこの強巴林(チャンバリン)寺に出かけることにした。

敷地入口にマニ車がある。

チベット仏教寺院 強巴林

このお寺は本山修験宗の倶利伽羅不動寺敷地内にあり、同寺の森下住職がチベットでの修行時に名刹ジョカン寺の高僧から依頼を受けて建立したものである。なお、この女性住職はジョカン寺管長であったボミ・チャンバ・ロドロ師から受戒したチベット仏法僧でもあるとのこと。

他にも日本で、チベット仏教僧侶が駐在していたり、チベット仏教界と交流を持ったりするお寺はあるが、たいてい在インドのチベット亡命社会の仏教界繫がりであるのに対して、ここはチベット本土と直接の繫がりでやっていることが大きな特徴だ。

チベット本土からやってきた僧侶が常駐していると、何かで聞いていたのだが、2011年以降、チベット人僧侶は不在となっているそうだ。同様にお寺の世話をされている方の話では、倶利伽羅寺住職が、このチベット仏教寺について著した書籍もあったとのことで、ぜひ買い求めたかったのだが、中国当局の依頼により発行を取り止めているとのこと。

チベット本土の仏教界は、中国共産党の指導下にあり、寺院などにも共産党の支部が常駐する形にとなっているのが現状なので、とりわけ外国との交流ともなれば、いろいろな障害があったり、突然中国共産党当局から干渉されたりすることもあろうことは想像に難くない。

お堂の入口から先は撮影禁止となっているが、本尊はジョカン寺のそれを忠実に復元したものであるとかで、堂内の形状や装飾なども実に見事なものであった。同寺のホームページ内の「ライトアップ体験ツアー」で建物内外の様子を楽しむことができるようになっているのでご参照願いたい。

チベット仏教寺院 強巴林HP

堂内を拝観していると、まるでインド各地にあるチベット人コミュニティの仏教寺院を訪問しているかのようで、名古屋に来ていることをしばし忘れてしまいそうになる。

境内にはチベットカフェ「パルコル」もあり、訪れたときは営業時間前で、次の予定もあり食事をすることは出来なかったが、ちょっと興味を引かれた。

チベットカフェ「パルコル」

毎月7日の13時からに強巴林(チャンバリン)祭として、チベット仏教式の法要が営まれているとのこと。そういうタイミングで訪問してみると、なおのこと良いかもしれない。

This entry was posted in column, greater india, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.