チェンラーイの宿

宿泊しているBaan Jaruは2012年にオープンとかで、部屋は真新しくてきれいで、インテリアはセンスよくまとめてあり、いい感じだ。フロントにいる経営者の息子は、外国人ズレした英語と仕草はちょっと鼻につくものがあり、最初はあまりいい印象を受けなかったが、2日目になると非常に根の良い青年であることがわかってきた。とかく質問するといろいろ懇切丁寧に教えてくれる。それに外国人ズレしている分、英語力は大変高いので、言葉が通じないということはない。なかなか居心地の良い宿である。

This entry was posted in column, heritage, society, travel. Bookmark the permalink.