チェンラーイへ

タイ側の出入国管理事務所を出てすぐのところで軽く食事。宿に戻り、預けていた荷物を受け取ってから、バスターミナル行きのソンテウをつかまえる。
バスターミナルからはエアコンバスはすでに満席とのことで、ノンエアコンバスで出発。車内は総ステンレス張りで涼しげだが、実に暑い。
チェンラーイまでは1時間半程度の道のりだが、途中2回検問がある。タイ人たちはICチップが入った国民登録症を提示している。日本でいえばマイナンバーカードということになるのだろうが、日本でもこれを本気で普及させようというのならば、この国では、どのようにしてそれを普及させたのかということが参考になるのではないだろうか。もっとも私はタイのそれがどのような役割や機能を持っているのかについてはよく知らない。
ところどころで客を乗せたり下ろしたりしながら、バスはゆったりと進んでいく。

This entry was posted in column, life, society, travel. Bookmark the permalink.