その名も

9月に生まれた娘の名前なのですが

茉莉花と書いてマリカと名付けました。

意味はジャスミンです。

ジャスミン茶のオレンジ色の缶に、茉莉花と書いてあるのを

みなさんでも目にすることと思います。

これはサンスクリトのMallikaという言葉を漢字にしたもので

日本では「まつりか」と読みますが、

ここの「つ」は「っ」のことなので

取ってしまっても良いと判断しました。そしてマリカ。

RとLの音の違いはありますが。

インドで何度か名前を聞かれた時に

「マリカエフスヌ(美の女王)か」とか

「マッリカ・シェーラーワト(女優の名前)か」と

言われました。

掴みはOKのようです。

 

子供の名前を付ける時には、

長男の時にもそうしたように、

インドと日本の両方でも通用するような

名前にしたいなと思っていました。

他に、どんな候補があったかというと

ヒナー、マーヤー、ミーナー、レーカー、

アンナー、リヤー、タマンナー、サナーとかです。

「ヒナー」はメヘンディーの意味。

とても気に入っていたのですが

産経新聞の連載漫画の主人公がひなちゃんだし、

最近では人気ナンバーワンの名前というではないですか。

だから、やめておきました。

アンナーは、アルカカット氏の案です。

もちろん活動家のアンナー・ハザーレーから。

志は良いけれど、見ず知らずのおじいさんにちなんで

名前をつけられちゃ、かわいそうということで

やめておきました。

珠菜と書いてタマンナーという案は

私が考えたものです。

南インド映画に出てくる、肌が輝くように白い女優の

タマンナーさんにちなんでです。

茉莉花が浮かんでこなかったら、

こちらにしていたかもしれません。

 

女の子の名前に比べると、

日・印で通用する男の子の名前を考えるのは

もっと難しかったです。

男の子の名前の候補で、

どんなものが挙がったかというと

零と書いてシュンニャとか、禅:ぜんとか

玻璃:はり、莉志:リシ、露伴:ローハン、

灯、明石、証と書いてあかし(アーカーシュから)とか

禎司:ていじ(テージから)とか。

ニザームッディーン・アウリヤーに帰依している

アルカカット氏は

「ニザム」という名前はどうかなどと言っていました。

イザムとかいうビジュアル系歌手みたいです。

漢字を充てるとしたら、何になったのでしょうか。

暴走族みたいな漢字を充てたのでしょうか。

結局、アスマ(明日真)に落ち着きました。

親バカのせいか、

茉莉花も明日真も気に入っている名前です。

しかし、子供が自分の名前を気に入るかは別の話。

将来、不満を言われないといいなぁ。

(*追記

もし、2番目の子が男の子だったら

今度はソーマにしようという案がありました。

アースマーン(空)に、ソーマ(月)で

理想の組み合わせになったことでしょう。)

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

2 Responses to その名も

  1. バハール says:

    二人ともいい名前だね。
    アスマ君もマリカちゃんも
    響きがきれいだねー。
    ホッシーと旦那さんが色々
    頭を悩ませながら考えた名前ですもん、
    きっと二人とも気に入ってくれるよ。

    家族4人のインド生活
    ツイッターで見てるよー。

    インドでの子育てってちょっと想像できないけど
    二人のお子さんがすくすく元気に育ちますように
    NYから祈ってます!

  2. kahkashaan says:

    バハールって(笑)超なつかしい!
    見てくれてたんですね、ありがとう。
    今頃、NYは厳冬でしょう、体に気を付けてね!
    デリーからご活躍をお祈りしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>