インド国鉄のウェブ予約 2015年アップデート

2012年にIRCTCを通じてのインド国鉄のチケット予約についてのアップデートを書いてからそのままになっていたが、現状においての最新情報について掲載することにする。

IRCTCのサイトは、ときどき不安定であったり、インターフェイス面でもやや使いづらい部分があるなど、あまり芳しくないことがあるため、インドのポピュラーな旅行予約サイトCleartripを通じてブッキングするほうが簡便でいいだろう。Cleartripは手数料として20ルピーを徴収するが、動作が非常に安定しているのでお勧めだ。

このサイトの鉄道予約の部分に進み、日付、予約クラス、出発地、目的地を入れると候補となる列車が表示される。

そして、予約したい列車について、「Check availability」をクリックすると、「Log in to you IRCTC accout」という画面が出てくる。

すでにIRCTCのアカウントを持っていれば、それでログインすればいいし、持っていない場合は新規に取得することになる。そのあたりの作業については、Cleartripは判りやすい画面表示でフォローしてくれるため、その指示に従って操作していけばよい。

指示どおりに進んでいくと、CleartripのアカウントとIRCTCのアカウントを結合がなされる。ここまできてから、Cleartripのウェブサイト上で、インドの携帯にIRCTCからSMS送信された認証コード、続いてワンタイムパスワード(OTP)を入力すると、めでたく両方のアカウントが結合され、以降はCleartrip上にて、フライトその他の予約をするのと同じような調子でブッキングすることができるようになる。

インドの携帯電話については、SIMが有効かつ必要な残高があれば、国外にいてもローミング可能な対象国にいれば、SMSを受信することができる。vodafoneやairtelならば日本もそうした対象となっており、前者についてはsoftbankの通信回線を使ってSMSが送られてくる。

インドの携帯電話を持っていなくても、パスポートの写しをIRCTCにメール添付で送信すれば、翌日あたりにはメールで認証コードとワンタイムパスワードを送信してくれるので心配は無用。そのあたりのやりかたについても、上記Cleartripのサイトの指示に従って進んでいけば丁寧な解説がなされているので、「どうもうまくいかない」ということはまずないはず。

こうした懇切丁寧さや必要に応じてメール、電話その他により問い合わせをしたときの親切かつ迅速な対応からも、インドの大手旅行予約サイトの中でも、私にとってCleartripの印象はすこぶる良いため、もっぱらこればかり利用するようになっている。

This entry was posted in column, IT, life, railway, security, travel. Bookmark the permalink.