Karim’sのファストフード

デリーの1913年創業のレストラン、Karim’sは誰もが知るムガル料理の老舗。創業者カリームッディーンの父はムガル宮廷の料理人であったとされる。デリー市内にいくつかの店舗を展開しているが、南デリーのモール内のフードコートにも出店しているとは知らなかった。

Karim’s (DLF PLACE, SAKET)

マトンコルマはプラスチックの使い捨て容器に入り、ルーマーリー・ローティーは目の前にある電子レンジでチン。まったくもってファストフードで寂しいとはいえ、味わいはやはりカリームなのでなかなか旨い。でもそこがまたやるせなかったりする。

重厚感と軽さのミスマッチ、こういうところに来る人たちが求めるものはちょっと違うので、流行っているとか込んでいるという具合ではまったくないようであった。やはりKarim’sはちゃんとした店舗で食べるに限るのである。

モールのフードコートのKarim'sはショボいが、それでも旨いのは、さすがという気はする。

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, society. Bookmark the permalink.

One Response to Karim’sのファストフード

  1. Pingback: DARGAH HAZRAT NIZAMUDDIN | Indo.to

Comments are closed.