プリペイドのモバイルインターネット接続

撮影した画像データのバックアップ、WiFi環境のあるところでのインターネット接続等々の目的で小型のラップトップパソコンを旅行先に持参する人は多い。  

私も同様で、いつも自宅からパソコンを持ち出している。自前の機器がありながらも、メール等のチェックはネットカフェで、というのも変な話なので、vodafone直営店でプリペイドのネット接続プランを購入してみた。   

現在までのところ、2Gによるサービスのみであるとのことで、通信速度は最大で256kbpsであるとのこと。まもなく3Gのサービスが導入されると、3mbpsの速度となるとのことだ。   

費用としては、インターネット接続に要するUSBスティックの購入代金(今後必要に応じて幾度でも再利用できる)として1558 Rs、SIMカード購入代金は62 Rs、プリペイドの通信費が98 Rsである。プリペイド代金は通信データ量2GBに達するか、利用開始日から30日間経過するまで有効だ。

USBスティックの中にSIMカードを挿入し、パソコンに接続して使用する。これは、3Gによるサービスが導入されてからも変わらず使用できる。しばらくモバイル通信が必要な時期のみ利用するといった具合でも、経済的な負担が少ないため、気楽にプリペイドプランを手に入れることができる。   

費用以外に、一時滞在の外国人の場合はパスポートの個人情報ページ、ヴィザと入国印のページのコピーの提出が求められる。

まずはUSBスティックをパソコンに差し込むと、自動的に通信用のソフトウェアのインストールが始まる。しばらくしてこれが完了してから、通信ソフト上に表示されている「connect」ボタンをクリックすると、インターネットに接続できる。 

ブロードバンド環境に慣れていると、やたらとスローに感じられる速度かもしれないが、従来のモバイルPCネット接続としてはこんなものだろう。 

都市部の同じ場所でも、時間帯によってはあまりに遅すぎてメールの送受信さえもできないことがあるいっぽう、深夜や早朝はほぼ最大限の速度が出ていると思われることもある。時間帯によるトラフィックの過多が如実に影響するところを見ると、通信インフラ自体の規模自体にまだまだ問題があるのだろう。 

最初に契約した州の外で使用するとローミング扱いになる。かといって契約したデータ通信容量上限や有効期間が変わったりするわけではないようだ。 

通信が非常に込み合う?夕方の一部の時間帯を除き、ほぼ普通に操作できた。スカイプも試してみて日本までかけてみたのだが、やはり通信速度が足りないため、通話不能というわけではないが、音質は実用レベルとはいえなかった。でも3Gサービスが開始されればスカイプをはじめとする通話ソフトも充分使えるだろう。 

旅行中くらいはネット環境から解放されてもいいのではないかとも思うのだが、普段当たり前にあるものが滞在先の部屋にないと非常に不便に感じてしまうのである。何か大事な連絡も来ているかもしれない。 

必要があればネットカフェに出向けばいいのだが、そのためだけに30分なり1時間なりを費やすのはもったいない気がするのだ。自室でテレビ見ながら、あるいは部屋に運ばせた料理を食べながら、片手間でチェックできるのがいい。 

あるいは深夜や早朝といった外の店が開いているはずもない時間帯に、ふと思い付いてチラッと調べものをしたりできるのもいい。そもそもいつも使っている自分のPCなので安心だし、人とやりとりするデータだってそこに入っている。 

だが今回手に入れたプリペイドのプランのおかげで、携帯電話の電波圏内ならば、どこからでもネットにアクセスすることができるようになった。いい時代になったものだ。 

私がこのプリペイド契約を購入した数日後から、vodafoneが提供するプランはもっと料金が高くて利用可能データ量も多いものに置き換わっている。これは近日導入される通信形式の3G化により、ユーザーたちがより通信量の大きな使い方をするであろうことを踏まえてのことだろう。 

他にも通信各社いろいろなプリペイドの通信プランを出してきているので、いろいろ比較してみて、自分の用途や使い方にあったものを見つけてみるといいだろう。

This entry was posted in column, IT, life, travel. Bookmark the permalink.

3 Responses to プリペイドのモバイルインターネット接続

  1. suzumi says:

    はじめまして。インドのネット事情について調べていて、こちらに辿り着きました。
    来月、リシケシュへ出かけようと思っています。無線LAN搭載のノートPCを持参するのですが、どうやってネットにつなげばいいか考え中です。
    それほど重いデータをダウンロードするわけでなう、いろいろなサイトが閲覧できれば、といったくらいなのですが、こうしたプリペイドのネット接続はどうやったら契約できるのでしょうか。教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

  2. ogata says:

    無線LAN環境は見つからないわけではないのですが、機会はごく限られます。そのためプリペイドのネット接続環境を用意するといった具合のほうが楽だと思います。
    私が利用したのはvodafoneでしたが、他にいくつもの通信会社が似たようなプランを提供しています。契約の際に必要なのは、旅行者の場合はパスポートのコピー(写真と個人データのページ並びにインドヴィザと入国印のページ)くらいだと思います。
    契約した州内で使うならば問題ないのですが、契約した州の外に出るとローミング扱いとなるため、プラン内容によっては利用料金で差が出てくる場合もあるかもしれません。加えてそのローミング利用できる州について(全国でサービス提供されているか否か)も契約時に確認されたほうがいいかもしれません。

  3. suzumi says:

    どうもありがとうございます。
    わたしもvodafoneを利用しようと思い、ウェブサイトなどを確認してみました。
    デリーで契約するより、リシケシュのあたりで契約したほうがいいのかなと
    考え中です。
    ご丁寧にどうもありがとうございました。

Comments are closed.