ウドワーダーへ

せっかく近くまで来たので、パールスィー最大の聖地ウドワーダーまで足を延ばす。

ウドワーダー・アーターシュ・ベヘラーム

ここにあるウドワーダー・アーターシュ・ベヘラームは、ゾロアスター教最大の聖なる寺院ということになっている。本場イランにおけるゾロアスター教徒の立場は、インドにおける豊かなパールスィーコミュニティの比にならないため、やはりインドにおけるゾロアスター教徒の寺院のほうが格上ということになるのだろうか。私たち異教徒は寺院に入ることはできないが、周辺にある神具屋などを冷やかして歩く。

「クルシード・ハウス」とあるが、一般的にはムスリム名となっている「クルシード」は、ペルシャではイスラーム化する前から一般的な名前。

パールスィーの屋敷には見事なものが多く、眺めているだけでも楽しめる。こうした建物に宿泊できるといいのだが。ちょっといい感じの伝統的パールスィー家屋のゲストハウスに尋ねてみたものの、異教徒はお断りとのことであった。世界中からパールスィーが参拝に来るので、ダラムサラ以外にホテルやゲストハウスなども多いのだが、それらの多くはやはりパールスィー専用とのこと。異教徒でも利用できる宿は2軒ほどあるらしいが、敢えてここに宿泊するよりも、酒のあるダマンに宿を取ったほうが良いように思う。何しろわずか12kmしか離れていないのだから。

ホテルの類は少なくないが、異教徒を泊めるところは少ない。事前に電話等で確認しておいたほうが良いかもしれない。パールスィーの祝祭の時期に当たる時期に宿泊したいならば、事前予約は必須だろう。

時代がかった屋敷が多い中で、モダンなアパートも見かけたが、オーナーはパールスィーであることを視覚的にも強く主張している。

パールスィーのアパートであることが一目瞭然

ダマンからわずか12kmという距離ながらも、オートはグジャラート州/連邦直轄地ダマンの境で乗り換えなくてはならないことが多いようだ。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>