AL – JAWAHAR

ジャマーマスジッドの近くのエリアにあるムガル料理の名店、AL – JAWAHARへ。
ひとりで行ったので多く食べることはできないが、マトンシチュー、タンドゥーリーローティー、シークケバーブを注文。
さすが人気店だけあって、食事時を外れた時間帯でもお客の出入りは多い。
極上で奥行き深い味わいを堪能し、大変満足した本日の午後である。こういう食事、つまりムグラーイーを味わうに、本場デリーに来なくてはいけないことを実感。やはり旧ムガル朝のお膝元にあってのものなのだろう。
出来れば5人くらいで出かけていろいろ注文してみれば、賑やかな食卓でいろいろ味わうことができて良いことだろう。

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.