「Vintage Tales」という本

Vintage Tales by Warren Brown

Kindleでこの本を読んだ。

英領末期から1990年代までにかけてのアングロインディアンをはじめとする欧印混血の人々の日常が描かれている。クリスマスの祝祭であったり、ご婦人たちのピクルス作りのことであったり、雨季の洪水とそれにまつわるエピソードであったり。著者のWarren Brown自身がアングロインディアンである。

アングロインディアンたちは軍、鉄道に加えて、役所や政府系起業に勤めるサラリーマンが多かったが、ここに登場する人たちは税関役人、市内電車を運営する公社、郵便局などで働く男性たち(女性は主に主婦)やその家族たちが大半を占める。自営業としては、写真館経営者、装身具販売、ウェディングドレス仕立屋、ボクサーといった人々が登場する。

Free School Street、Marquis Street, Elliot Road、Ripon Street、Royd Street、Collin Lane その他、今のカルカッタの旅行者ゾーンとなっているサダルストリート界隈にある通りが主な舞台だ。

カルカッタ市内で、アングロインディアンが集住していた地域は他にもあるのだが、このあたりの話が中心となっているのは、もしかすると著者自身がこの地域の出身なのかもしれない。

元々、この界隈はアングロインディアン、アルメニア人、ユダヤ人、華人といった白人社会を取り巻く層の人たちが多く住んでいたが、独立後のインドでは立場が悪くなったため、生まれ育ったこの国を離れた者は多い。

今でもこのエリアに残るアングロインディアンの人口はそれなりにあるのだろうか?次にカルカッタを訪れる際には、このあたりのことについて調べてみたいと考えている。界隈の両替商のオーナーにはアングロインディアンがけっこういるというような話は耳にしたことがあるのだが。

書名 : Vintage Tales
著者 : Warren Brown
ISBN 1537852892, 9781537852898

This entry was posted in column, heritage, life, reading, society, travel. Bookmark the permalink.