列車が迷子

チャーター列車が間違った方向に進んでしまったらしい。
他にも同様の事例があるようなので、そう珍しいことでもないのかもしれない。
日本の援助により、本格的に始動することとなったムンバイー・アーメダーバード間の新幹線建設計画はさておき、次々に新たなカテゴリーの特急列車が導入されたり、各種ラグジャリーな客車も投入されている昨今のインド国鉄だが、老朽化した橋梁、旧態依然の運行システム、こうしたミスを起こす操業上のルーズさに起因する大事故の頻発など、もっと根本的な部分を改革していく必要があることは常々指摘されているところだ。
間違った方向に進んでいるのは、件のチャーター列車だけではないように思える。

India train travels 160km in ‘wrong direction’ (BBC NEWS)

This entry was posted in column, heritage, life, railway, society, travel. Bookmark the permalink.