チトワン国立公園からバンディープルへ

サウラハーのバスパークからカトマンズ行きのバスに乗車。座席は2×2で車両も新しく、快適な乗り心地。山地に入りしばらく進んでいき、視覚的にはインドと変わらないタライとはまったく別の国のような様相となる。ネワール建築、それらしき顔立ちの人々と彼らの身なり等々。

トリシュリー河の合流点近くの道路のジャンクションで、同じバス会社のボカラ行きに乗り換えるはずだったが、そのバスが故障しているとのことで、しばらく待たされる。

運転手と車掌は、バス会社と携帯電話でやりとりしているが、時間ばかりが過ぎていく。国道上ではどうにもならないようで、さきほど通過した街道沿いの町に戻って修理屋へ。

クルマ修理の店

バスに同乗の人たち

出てきたのはまだ若いメカニックだったが、手際よくエンジンと電気系統をいじって、無事に修理完了。器用なものだ。

修理完了にて出発!

車窓の山あいの眺めと見較べながら、グーグルマップを目にするのもなかなか楽しい。次のカーブを曲がった先の景色を想像しながら。町や集落を外れるとネットがオフになるが、地図はちゃんと表示され、バスが移動していく様子がちゃんと表示されるため、どこを通過しているのか手に取るように判る。

バスを修理した地点から30分強で着くドゥムレーにてバスを下車。ここでバンディープル行きに乗り換える。小さな町ながらも、旅客や物流の中継点なので、人、モノ、そして活気に満ちている。

This entry was posted in column, environment, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.