中国本土からの旅行者

久々に訪れたネパールでも、中国からやってくる旅行者の多さに驚かされた。
また、日本で近年喧伝されているイメージとは正反対のこなれた感じの人たちもまた実に多いことにも。
本日、チトワン国立公園と隣接する町、サウラハーで多くの中国本土の旅行者たちを見かけたり、話をしたりしたが、知的かつ都会的でスマート、人柄も良さそうで、英語もちゃんと話すことができる若者たちが沢山いた。とかく好印象だった。
おそらく、声が大きくて騒々しい『爆買い』の人たちとは違う層ということになるのだろう。
まぁ、大きな国なので、旅行者もいろんな人たちがいる。ネパールでもツアーバスを借り切って移動している団体さんなどは、相当うるさいのだろう。

This entry was posted in column, greater india, life, society, travel. Bookmark the permalink.