上海経由デリー行き2

インドまでの行きや帰りにかなり待ち時間が空くことになったりもするのだが、その
時間にちょっと街に出て散策してみたり、買い物や食事を楽しんでみたりするといいだろ
う。渋滞等に影響されることのない地下鉄ネットワークが広がっており、表示も判りやすくしっかりしている。アライバルホールに面したところにある観光案内所でツーリストマップでももらっておけば、ガイドブックなど持っていなくても特に不便に感じることはないはずだ。

浦東空港までの地下鉄2号線の途中駅、南京東路駅から、租界時代に建てられた壮大な西洋式建築が建ち並ぶ外灘は近いので、時間さえ許せば途中で降りて見物してみるのもいいだろう。とても飛行機の乗り換えのために立ち寄っているとは思えない、ちょっと贅沢で充実した気分になるはずだ。

クラシックな雰囲気の外灘から黄浦江を挟んだ対岸のモダンな眺めが好対照で面白い。

南京東路駅(地下鉄2号線)を出たところ

外灘の風景

観光客用のバス

外灘の対岸にはこんな景色が。重厚な石造りの建物が並ぶ外灘とは好対照なモダンな眺め。

〈続く〉

This entry was posted in airlines, column, heritage, life, travel. Bookmark the permalink.