デジカメから直接端末に画像や動画を転送 Eye-Fi

Eye-Fi Mobiを購入してみた。

通常のSDカード、SDHCカードに、スマートフォンやタブレットへの画像/動画転送機能が付いたメディアである。 カードとしての機能はClass 10の書き込み速度で、カメラへの転送速度は、まあ速くはないが、遅いと感じるほどでもなく、実用的なところだろう。

Eye-Fiアプリをインストールしたスマホ/タブレット端末への転送作業自体は、端末のWI-FI機能を使うわけだが、モデム等を経由するわけではなく、Ey-Fi Mobiから発信される電波によってなされる。

Eye-Fiのカードには、Eye-Fi Pro X2という製品もあり、こちらはEye-Fiのフル機能バージョンということになる。RAWデータの転送が可能で、しかもカメラからパソコンに直接転送したり、データをパーソナル・クラウドに保存したりということもできる。

私はそれらの機能を必要としないので、撮っている最中から、撮影データをスマホ/タブレット端末にバックアップしておきたい、そこから必要に応じてネットにアップロードできたらいい、という目的に特化したEye-Fi Mobiを選択することにした。 両者の機能上の違いについてはこちらをご参照願いたい。

撮影した端から全部を端末にバックアップしてしまう設定もできるし、撮った後から任意の画像を指定して転送するという具合にセットすることもできる。

前者の設定の場合はデジカメも端末のほうも、バッテリーの消耗は早くなるものの、外出先でパソコンを介することなしに、そのままカメラの外部にバックアップを取ることができるメリットは大きい。画像データのメディアとしての安定性については、まだ使い始めたばかりなのでよくわからないが、特に問題がなければ通常の同容量のSDHCカードとの価格差は大きくはないので、もはやEye-Fi以外のメディアを選択する必要はない!と言い切ってしまいたくなる。

Eye-Fi対応のカメラについては、こちらをご参照願いたい。

This entry was posted in camera, column, life, travel. Bookmark the permalink.