サッカーのミャンマー代表 9/23(日)にセレッソ大阪と親善試合

このところJリーグは、アジア各国のリーグとの関係強化を図っているが、このところ経済方面で大きな注目を浴びているミャンマーとパートナーシップ協定を締結したという発表がなされたのは8月下旬であった。

ミャンマーナショナルリーグ(MNL)とのパートナーシップ協定締結について (Jリーグ)

そのパートナーシップ締結と直接関わりがあるのかどうか不明だが、9月23日(日)にセレッソ大阪がミャンマー代表との親善試合を実施する。セレッソのウェブサイトに書かれているとおり、ミャンマー代表は今年の東南アジアサッカー選手権大会(スズキカップ)へ向けてのトレーニングキャンプを日本で実施し、その一環としてこのゲームが組まれるとのことだ。

ミャンマー代表と親善試合実施のお知らせ (セレッソ大阪)

試合会場はJ-GREEN堺で、キッフオフは午後3時半。入場料は何と無料である。注目されることはなく、観客数も少ないことと思われるが、ミャンマーのサッカー事情に多少なりとも関心のある方はぜひ押さえておくべき一戦であろう。

This entry was posted in column, greater india, society, sports. Bookmark the permalink.