カルカッタ・バンガロー

カルカッタのコロニアルな建物が多く残る市街地のオンボロ屋敷をカッコ良くリニューアルしてオープンした「カルカッタ・バンガロー」
1泊7千5百ルピーから9千ルピー(およそ1.6かけると日本円価格)もするのだが、いかにもインドらしいホテルだと思う。
そう、インドらしいホテルといえば宮殿ホテルの類も知られるが、こうした都市部で年代ものの屋敷をリフォームしたホテルというのも、まさにインドならではだ。カルカッタで素敵な宿をという方にはとても良い選択肢になるはずだ。ロケーションもシャームバーザールなのでほぼ中心地にあり、交通至便。
郊外にはラージバーリー(大地主の舘)がホテル化されたものもあるが、それとは性格が異なる建物だ。この「カルカッタ・バンガロー」の建物の由来については知らないが、おそらく商取引で成功した人の屋敷だったはず。
今度カルカッタに行ったら見学するとともに、写真撮影させてもらおうと思う。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>