現代のシャー・ジャハーンとムムダーズ・マハル

亡き妻のために「うちのタージマハル」を建てたとして何年か前に話題なっていたUP州の元郵便局長。

This retired UP postmaster built a Taj Mahal for his ‘Mumtaz’ (Hindustan Times)

昨年、自らも亡くなり、奥さんと一緒の墓廟に埋葬されたとのこと。
美しい愛のエンディングストーリー。
ただし、現代のジャー・ジャハーンの死は交通事故によるものであったことは痛ましく残念である。

Ex-postman to be buried in ‘mini-Taj’ with late wife (Times of India)

以下の動画から、仲睦まじい夫婦であったことが偲ばれる。
自宅の窓からいつでも墓廟が見えるようになっており、幽閉されたシャー・ジャハーンは窓から見えるタージマハルを眺めて、先立った愛妻ムムターズのことを想いながら過ごしたという逸話そのままのようだ。


The Retired Postmaster Who Built A Taj Mahal For His Wife | Unique Stories from India(Youtube)

This entry was posted in column, heritage, life, news & media, society. Bookmark the permalink.