犬も見た目によらない

ジャグダルプルでの投宿先は、表通りから路地に入ったところにある。
路地沿いの家で飼っていることが後で分かったのだが、けっこう大きな犬が路地の真ん中に2匹いて、こちらを「ギロリ」と見ている。

嫌だなぁ・・・。

一人で通過するのは心細いので、誰か来ないものかと待っていると、ほどなく路地に入っていく人がいたので、すぐ後にくっついて行くことにした。

そんな風にして、幾度か通って気がついたのだが、私が歩いていくと、なんとなく立ち上がって家の敷地の中にチョロリと入ってしまったり、あるいは家の敷地ギリギリまでのところまで引いて、通りすぎていくこちらを眺めていたりする。

ホテルの窓から路地を眺めていて気がついたのだが、誰か人が来ると、奴らはスタコラと家敷地内に入ってしまうことがよくあるようなのだ。

でかい図体していながらも、案外気が小さいらしい。まぁ、そんな犬でこちらは良かったのだが。

This entry was posted in column, life, security, society, travel. Bookmark the permalink.