ハヴェーリーの安直な修復

近年は、シェカワティーが世界遺産登録を目指す動きなどがあるように、郷土の伝統として認識されるようになってきているこの地域のハヴェーリー。各地で積極的に保存や修復に取り組む例も増えているのは好ましいことだ。

しかしながらその一方で、安直な修復も目立つようになってきており、このような例も決して少なくない。バザールで売られている神様の絵のような感じで描かれており、遠目にはキレイに見えるかもしれないが、かなり残念なことと言えるだろう。

私有財産であるハヴェーリーは文化財登録されているわけではないし、ハヴェリーが条令等で保護されているわけでもないため、どのように処するかはオーナー自身の裁量に任されているわけなので、どうにもならない部分が大きい。

遠目には色鮮やかでキレイに見えるかもしれないが・・・。

本来あるべき姿とは大きくかけ離れている。

それでもかなり費用をかけていることは間違いないのだが。

This entry was posted in column, disaster, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.