旅行前に日本で購入できる割安SIM

短期旅行者限定ということになるが、こういうもののがあるそうだ。15日間有効で、カバーしている国ならばどこでも利用できるプリペイドSIM3600円で通信容量4GB。

インドではAirtel、ネパールではNcellのネットワークを利用するとのことなのでいいんじゃないかと思う。たとえば有効期間内にインドで1GB使用してからネパールに入ると、残りの3GBが使用できる。トータル4GB使い切ってしまうと、もう通信できないというわけではなく、128kbpでゆっくりと繋がるらしい。ただし通話がついてないのは残念ではあるが。

ごく限られた時間でめいっぱいあちこち行くため、インドの大都市に飛んで夜に着く、翌早朝のフライトやら長距離列車やらで田舎に移動、ケータイ電話屋でSIM買おうとしたら、週末でアクティベートできなかったり、「週明けにできるよ」と言われても、アクティベートまで3日(エリアによっては)かかったりなんてことはある。

都会で手に入れないとダメだなぁ、でも街では店がまだ開いてなかったし、アテにしてた空港のSIMカウンターは、たまたま担当者が不在にしていい。た、なんてこともあるので、SIM難民化防止のためにはいいかもしれない。

ネットに繋がっているか否かで、即興でオモシロ情報を得て関連するものを芋づる式に探訪してみたりできるか、それを帰国してから「あんなところがあったとは!」と気がつくかといった具合に、ずいぶん機動力が違ってくる。

また、常時接続時代では、旅行中でも社会生活のノルマみたいなところがあるし・・・という向きもあるかと思う。

購入してから「いつまでに使ってください」という期間内にアクティベートしてから連続15日間使用できるので、SIM買いそびれた際の保険として持参するといいかもしれない。もしその旅行で使用しなかったら、次の旅行に持ち越せばいい。

宿のWi-Fiではダメだ。やはり思いついたときにサクッとアクセスできないと!という
スマホ依存の方は少なくないだろう。

This entry was posted in column, IT, life, security, society, travel. Bookmark the permalink.