ラトナーギリー 3 赤い大地と青い海

マハーラーシュトラ州南部からゴアにかけて、いわゆるコーンカーン地域では、ラテライト質の土壌から、大地が赤く見える。当地の典型的な石建材はこれ。気泡のようなものが入っており、切り出しても表面がデコボコの石。比較的硬度は低いようで、加工はしやすそうだ。

この地域では丘陵地が続くことから、断崖絶壁のすぐ横に穏やかな浜辺の景色があったりする。いろんな眺望が楽しめてなかなか良い。インド人の間では、リゾートとしても知られるラトナーギリーである。

This entry was posted in column, heritage, life, nature, society, travel. Bookmark the permalink.