ザファル・メヘルとクトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

ザファル・メヘル

ザファル・メヘル

ザファル・メヘル

ザファル・メヘル内にあるムガル朝末期の皇帝たちの墓所。左から16代皇帝アクバル・シャーII、15代皇帝シャー・アーラムII、17代皇帝バハードゥル・シャー・ザファル(墓石がなく草が茂っている部分)、ミルザー・ファクルー(ザファルの跡取りとなるはずだったが1856年に死亡)

デリーのメヘローリーにあるザファル・メヘルへ。ムガル朝最後の皇帝バハードゥル・シャー・ザファルが夏の時期に離宮として用いた場所で、ムガルの宮殿建築としても最後のものとなった。
隣はスーフィーのチシュティー派聖者クトゥブッデイーン・バクティヤール・カーキーを祀るダルガーがある。1857年のインド大反乱に加担したかどで英国当局に捕らえられてラングーンに島流しとなったザファルだが、彼もしばしばここを参拝したことだろう。

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

クトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

This entry was posted in column, heritage, life, politics, society, travel. Bookmark the permalink.